2013年10月16日

ここ1ヶ月の作業状況ぢゃ

ワシは染仙人ぢゃ。
だいどこぐまはアフォなので、たまにあやつの作業を
覚え書きしておくのぢゃ。

9/16 工房再開
風邪で寝込む
/20~ 民藝館のデザイン
/25~ 型彫り、型付け、色差し
10/7,8 はがき追加
/9 打合せ
~ 色差し、巾着絵付け、ブログ作成
/16 事務作業


posted by だいどこぐま at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 作業日誌 | 更新情報をチェックする

制作者紹介

白樫 佳子 (しらかし よしこ)

白樫染色工房主宰。
東京学芸大学小学校教員養成課程 美術撰修 修了。
建設コンサルタント勤務を経て、染色作家に転身。
型染めを、国画会工芸部会員 土屋直人氏、坂田峰子氏に師事。
大塚テキスタイルデザイン専門学校プリンティングデザイン科卒。
第63回創造展 新人優秀賞受賞、創造美術会会友。染織画部。

型染を主とした染布および染色画制作、布小物や和紙小物等の制作販売を行っています。
ここ数年は、毎年決まった展覧会、公募展、クラフトフェアへの出品、出店をしています。
2008 :11月 栃木県益子の古民家を活用した個展
2009 :4月 栃木県益子の古民家を活用した個展
   :5月 ‘月曜美術館’グループ展、代々木八幡HAKUにて
   :8月 ‘夏を染めよう’ワークショップ、同上
   :10月‘チェンマイの薫り展’、同上
   :11月 ‘クリスマスを染めよう’、同上
2010 :4月 ‘月曜美術館’染め帯展、同上
   :6月 創造展 出品・新人優秀賞受賞
   :8月 りゅうぎん紅型デザインコンテスト出品
   :10月‘とおかまちてづくり市’出店、新潟県十日町市にて
   :同~12月 ‘だれでもできる型染め教室’、東京 町田 カルチャーサロンPicoli
   :12月 ‘創造美術会染織画部展’出品、京橋 くぼたギャラリー
2011 :4月‘あおぞらクラフトいち’出店、茨城県 水戸市
   :5月‘長岡クラフトフェア’出店、新潟県 長岡市(以降毎年出店)
   :6月 創造展 出品
   :10月 新作展、つくば市 Cloud Nine にて
   :10月 つくばスローマーケット 出店
   :12月 イーアスつくば アイカルチャーセンター で型染め教室開催
2012 :6月 創造展 出品
   :7月 七夕企画‘ほし’展出品、同上
   :8月 りゅうぎん紅型デザインコンテスト出品
   :11月 白樫佳子 型染展、つくば市 イーアスつくば内アイカルチャーセンターにて
   :12月 日本民芸館展 出品
2013 :2月‘創造美術会染織画部展’
   :3月 新作展、つくば市 Cloud Nine にて
   :6月 創造展 出品
   :7月 七夕企画‘ほし’展出品、同上
   :8月 りゅうぎん紅型デザインコンテスト出品
   :9月 拠点を新潟県長岡市に移す。

至現在。

近年は、創造展、民藝館展、紅型デザインコンテストに毎年出品しています。
クラフトフェアは、長岡クラフトフェアに毎年出店しています。
ワークショップは、単発で不定期開催。
染色教室は、生徒さんのご希望に合わせて随時開催予定。
posted by だいどこぐま at 18:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ごあいさつ | 更新情報をチェックする

お問い合わせ先

<白樫染色工房>(新潟県 長岡市)

白樫佳子(しらかし よしこ)

制作物の販売や、染色教室に関するご質問は、こちらまでお願いいたします。

電話:090☆3916☆2339 (原則 平日 9時~17時)
(お手数ですが、☆をーにしてくださいませね)
E-mail:abk08800@hkg.odn.ne.jp
(お手数ですが、半角でご入力くださいませ)
posted by だいどこぐま at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お問い合わせ先 | 更新情報をチェックする

カテゴリのご案内

<白樫染色工房> ブログ カテゴリのご案内

・ごあいさつ
・introduction(English)
・日記      :工房本文。イベントなどの告知やニュース。
・だいどこーぼー :だいどこぐまちゃんによるぼやき、つぶやき
・染めもの    :制作ぶつ。
・型染めとははは?:型染め技法についてのいろいろ。
・お問い合わせ先
・取扱店     :当工房作品の取扱場所のご案内。
・型染教室    :型染教室のご案内。
・リンク     :お友達やお取引先など。
・コラボ     :コラボ、グループ活動など。
・作業日誌    :染仙人の覚書き
・カテゴリマップ :本カテゴリ。
posted by だいどこぐま at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリマップ | 更新情報をチェックする

What's KATAZOME?



In my workshop, the most traditional Japanese KATAZOME is applied.
The technique is said to be established in Kamakura period (1192-1332 A.D.).
It is widely developed and applied for
dyeing Kamishimo(:the most formed wear of Samurai) in Edo period(1615-1867 A.D.),
since it was effective to print the emblem(:mondokoro) on Kamishimo
which is specialized for each Daimyo and samurai family as the symbol of their status.

The element of KATAZOME technique is as follows.
First, it is made moulds with Washi(Japanese paper) as water proof by glue.
Patterns are printed when a dyestuff is stenciled in parts of cut off.
This technique is seen at Edo-komon, Japanese towel, Ryukyu-Bingata.

KATAZOME techinique (like, using Washi moulds, glutinous rice and rice bran) is
only one form which is seen in Japan.
We can say Japanese climate and Japanese diposition who look for delicate finish with fine-tuning
is appeared so much at this technique.
posted by だいどこぐま at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Introduction | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。